症例写真

症例写真

目を大きくたれ目の印象にしたい

二重術・目頭切開・涙袋・眼瞼下垂 40代 / 女性
施術内容
眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)+たれ目形成(グラマラスライン形成/下眼瞼下制術)

40代女性の方です。
とにかく目を大きく、できるだけたれ目にしたいとのご要望です。
今回、「眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)」+「たれ目形成(グラマラスライン形成/下眼瞼下制術)」の複合手術を行いました。

Before
After(術後3ヶ月)

術後3ヶ月です。
この患者様は、目一杯下げて下三白眼になることをご希望されました。
なお、この状態でも問題なく閉瞼は可能で、兎眼はありません。

東京院 大宮院 横浜院 名古屋院医師
東京院 大宮院 横浜院 名古屋院医師
菱田 健作 医師

たれ目形成 埋没法(グラマラスライン/下眼瞼下制術)

処置方法 結膜側から、極細の糸を用いて下眼瞼牽引筋腱膜CPF(capsulopalpebral fasicia)と瞼板を固定し、CPFを短縮する。
リスク・副作用 術後の腫れ、痛み、内出血、眼球結膜の浮腫、充血、結膜下出血、ドライアイ、異物感、仕上がりの左右差、睫毛内反症、下三白眼、後戻り。
費用 380,000円

眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)

処置方法 上まぶたの皮膚を切開し、緩んだ挙筋腱膜を縫い縮める。適宜、皮膚、眼輪筋、眼窩脂肪、瞼板前組織を処理。
リスク・副作用 術後の腫れ、痛み、内出血、目の開きや二重幅の左右差、傷痕、二重の消失、シスト形成、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣。
費用 480,000円

合計金額/860,000円(946,000円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「たれ目形成 埋没法(グラマラスライン/下眼瞼下制術)」を
もっと知りたい方はこちら