症例写真

症例写真

憧れのパッチリ目に

二重術・目頭切開・涙袋・眼瞼下垂 20代 / 女性
施術内容
眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)、目頭切開

元々、他院さんで埋没法を受けた患者様です。
今回、まぶたをしっかり開けて二重にする目的で眼瞼下垂(切開法)を行いました。

Before
After

目力UPし、パッチリ目になりましたね!
さらに美人度が増しております。

切開法は切らない術式では成し得ない絶大な効果があります。
腫れなどのダウンタイムなどはご相談ください。
よろしければ私のblog(https://ameblo.jp/seishin-umeda/entry-12606707219.html)をご覧ください。

東京院 大宮院 大阪院医師
東京院 大宮院 大阪院医師
梅田 剛 医師

眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)

処置方法 上まぶたの皮膚を切開し、緩んだ挙筋腱膜を縫い縮める。適宜、皮膚、眼輪筋、眼窩脂肪、瞼板前組織を処理。
リスク・副作用 術後の腫れ、痛み、内出血、目の開きや二重幅の左右差、傷痕、二重の消失、シスト形成、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣
費用 480,000円

目頭切開/目上切開

処置方法 蒙古ひだを切開し希望の形に応じてZ形成やW形成などを行い、目頭の形状を変える。
リスク・副作用 内出血、腫れ、瘢痕(傷跡)の赤み、肥厚性瘢痕。
費用 168,000円

合計金額/648,000円(712,800円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「眼瞼下垂(切開法/腱膜縫縮法)」を
もっと知りたい方はこちら