症例写真

症例写真

鼻孔底も上がり、鼻の穴も目立たなくなりました

鼻の整形 鼻の穴 40代 / 男性
施術内容
小鼻縮小術

正面から見た時に鼻の穴が気になるとのご相談いただいた患者様です。
鼻の穴の小さくするのみならず、鼻の穴の下側(鼻孔底)を上げたいとのご希望でした。
通常の小鼻縮小術と少し異なるデザインにて行いました。

症例写真 術前 小鼻縮小術
Before
症例写真 術後 小鼻縮小術
After
術後1ヶ月の状態です。まだ傷の赤みがある時期となります。

鼻孔底も上がり、鼻の穴も目立たなくなりました。
また鼻の穴の形も丸みが維持されており、自然です。
伊藤 哲郎 医師
大宮院 院長
伊藤 哲郎 医師
小鼻縮小術

術式の概要 カウンセリングの際に、鼻翼外側、鼻孔底、もしくはその両者を切除するかどうかを決定する。両側眼窩下神経に30G鋭針でブロック麻酔を行なう。その後、予定切除部位に局所麻酔を行なう。デザインに従い鼻翼、鼻腔底組織を切除した後に、形態を整えながら、縫合を行なう。場合によって、鼻孔底組織切除の症例では、後戻り予防に小皮弁の縫合もしくはナイロン糸での皮下縫合を追加する。
リスク・副作用 術後の浮腫、皮下出血、疼痛、感染。傷跡が目立つ、肥厚性瘢痕、色素沈着。左右非対称。鼻腔の狭小化、通気障害。
費用 300,000円(税込み 324,000円)

「小鼻縮小術」を
もっと知りたい方はこちら