症例写真

症例写真

鼻の穴を見えにくく、少し鼻翼挙上

鼻の整形 20代 / 女性
施術内容
小鼻縮小

「小鼻を小さくしたい」「鼻の穴を見えにくくしたい」とご希望でした。
通常の鼻翼縮小を行うと鼻翼が下がることがございますので、鼻翼挙上を加えております。

before
After(1ヶ月後)

ご希望の形になれたと思います。鼻翼が上がったことにより全体的なバランスも良くなったと思います。
傷跡はまだ見えますが、術後3〜6ヶ月で目立ちにくくなります。
鼻翼縮小は①内側法②外側法の2種類がございます。
②外側法は傷跡が最初気になりますが、小鼻を大きく小さくしたり形を整えたりできる施術です。
患者様によって①内側法で理想の形になれるのか ②外側法が向いているのか異なります。
詳しくはカウンセリングでご相談ください。

東京院 大宮院 大阪院医師
東京院 大宮院 大阪院医師
梅田 剛 医師

小鼻縮小

処置方法 局所麻酔下に、デザインに従い鼻翼、鼻腔底組織を切除した後に、形態を整えながら縫合。
リスク・副作用 術後の浮腫、皮下出血、疼痛、感染。傷跡が目立つ、肥厚性瘢痕、色素沈着。左右非対称。鼻腔の狭小化、通気障害。
費用 300,000円

合計金額/300,000円(330,000円)

※()内は税込みの金額です。

※料金、リスク・副作用、施術内容は登録時点での情報となります。最新の情報はクリニックへお問い合わせください。

「小鼻縮小」を
もっと知りたい方はこちら