多汗症・わきが治療の美容コラム

美容コラム

もう悩まない!正しい多汗症治療のポイントは?

多汗症・わきが治療
もう悩まない!正しい多汗症治療のポイントは?
  1. 多汗症治療は、長い目で見た治療が必要
  2. 注入するボトックスの品質が重要
  3. 「ミラドライ」という選択も有効
  4. 治療せずに悩むよりも、治療方法選びで悩もう

「多汗症」は、体質・精神的原因・食生活・病気・ホルモンバランスなど、様々な要因により、異常なほど大量の汗をかく症状のことです。多汗症に悩む人は意外と多いのですが、恥ずかしさから悩みを誰にも打ち明けずに、自分だけでなんとかしようと思いがちです。


しかし、1人で悩みを抱え込むと、いつまでも多汗症が治らないどころか、悩みすぎが原因で、症状を悪化させてしまうこともあります。ですから、きちんと専門の医師に相談をして、早めに正しい治療をすることが大事です。


|多汗症治療は、長い目で見た治療が必要


多汗症治療は長い目で見る必要があります。と言っても、多汗症は治療をしても、効果が出にくいという意味ではありません。その逆で、多汗症はきちんと原因を調べて治療すれば、良くなる可能性の高い症状です。
だからこそ、治療の方法を選ぶときには、即決せずに長い目で見た選択が必要なのです。


例えば、多汗症の治療法として多くの人が気軽に受けるボトックス注入ですが、施術にかかる時間はわずか10分ほどです。しかも施術から1週間以内には効果が現れてきますから、一見長い目で見る必要はないように思われます。


しかし、1回のボトックス注入で続く効き目は約半年ですから、ボトックス注入の効き目を持続させるためには、施術を定期的に受ける必要があるのです。


多汗症の治療方法はボトックス注入以外にも種類があり、効果の現れ方も持続する期間も異なります。ですから、多汗症の治療を考えるときには、1回の施術にかかる費用だけでなく、完治させるまでにかかる期間も踏まえて、どの治療方法がベストなのかをよく見極める必要があるわけです。


|注入するボトックスの品質が重要


注入するボトックスの品質が重要


美容クリニックなどで多汗症の治療を受けようとする場合、どんな治療方法を選ぶかという点だけに注目して、同じ治療方法に使われる薬品が、美容クリニックによって異なる点に注目する人は少ないようです。
しかし、同じボトックス注入という施術名でも、美容クリニックによって使われるボトックスの中身が異なっており、そのことが治療効果にも大きな差をもたらします。


ボトックス注入は直接薬剤を体に入れる施術であるため、できるだけ品質の良い薬剤を選ぶ必要があります。ボトックス注入に使われるボトックス製剤は、どこの国の、どの製薬会社で作られたかによって、品質に大きな違いがありますから、ボトックス注入を受ける美容クリニック選びをする際には、どの製薬会社製のボトックス製剤を治療に使っているかを調べることも重要なのです。


品質の良いボトックス製剤はどうしても金額が高くなります。しかし、国の承認を受けているなど、安全性や効果が認められていて、効果の持続も長くなるなどのメリットがあります。


ですから、多汗症をボトックス注入で治療したいと思うのであれば、美容クリニックごとにボトックス注入1回当たりの金額を比較しただけではダメなのです。それでは安いけれども痛いし、効果が続かない治療を選んでしまう可能性もあるのです。


ボトックス注入で多汗症の治療をしようと考えるのであれば、それぞれの美容クリニックで使用するボトックス製剤の品質も比較して、安心して受けられる美容クリニックの中からどこで受けるかを選ぶようにしましょう。


|「ミラドライ」という選択も有効


「ミラドライ」という選択も有効


多汗症の治療法として、最近最も注目されているのが切らない多汗症治療のマシンの「ミラドライ」です。ミラドライという治療法が誕生するまでは、多汗症を根本的に治療する方法というと、多汗症の原因になっているエクリン汗腺を取り除く手術だけでした。


しかし、手術でエクリン汗腺を取り除くためには、メスを入れなければならず、せっかく多汗症が治っても、大きな傷跡が残ってしまうというデメリットがあったのです。


そのため、「根本的な治療で多汗症を克服したい」という気持ちと「大きな傷跡を残すような手術はしたくない」という気持ちの間で葛藤していた人が多く、悩みを抱えながらも、治療に踏み切れずにいたわけです。


その点、「ミラドライ」はマイクロ波を照射して、エクリン汗腺を破壊するマシンによる治療法です。メスを入れて皮膚を切開しなくても、大量の汗の原因となっているエクリン汗腺の働きを封じ込めることができます。
つまり、ミラドライなら、身体や心に負担の大きい手術をしなくても、手術と同じくらいの効果が得られるということです。


これまで、傷跡を残さないように多汗症を治療するためには、定期的にボトックス注入を受けるという方法しかなかったのが、1回の治療で半永久的な効果が期待できるミラドライも選べるようになったのですから、効果と費用の両面から真剣に考えて、治療の仕方を考える必要が出てきたと言えます。


|治療せずに悩むよりも、治療方法選びで悩もう


治療せずに悩むよりも、治療方法選びで悩もう


多汗症の治療は、親身に悩みを聞いてもらえる美容クリニックを見つけるところから始まります。多汗症は治せる症状ですから、1人で悩むのをやめるだけでも道が開けます。同じ悩みなら、何もせずに悩み続けるのはやめて、治すための治療法選びでしっかり悩み、良い美容クリニックに出会えるようにしましょう。


聖心美容クリニックの多汗症・わきが治療施術一覧へ