二重術・目頭切開・涙袋の美容コラム

美容コラム

自然でぱっちりとした目元を実現!目頭切開とは?

二重術・目頭切開・涙袋
自然でぱっちりとした目元を実現!目頭切開とは?
  1. 目頭切開の施術内容について
  2. 主な術式と特色について
  3. 術後のダウンタイムと過ごし方について
  4. 目頭切開のメリットと施術前のポイント

目元が腫れぼったいと、顔全体の印象もぼやけてしまいがちです。メイクを工夫しても目元がはっきりしないと感じるときは、目頭切開を検討してみてはいかがでしょうか。
目頭切開は、自然な印象で目元がすっきり仕上がるのが特色です。


|目頭切開の施術内容について


日本人の多くは目頭を覆う皮膚「蒙古ヒダ」があり、涙丘(るいきゅう)と呼ばれるピンク色の部分が隠れています。その一方、西洋人には蒙古ヒダがなく、生まれつき目頭のピンクの部分が見えているのが一般的です。目頭切開の施術では、蒙古ヒダの部分を切開することで、涙丘の部分を露出させ、目の横幅を広げます。
涙丘を見せることで目元がシャープな印象になり、目と目の間隔も近づきます。


目頭切開は蒙古ヒダの張りで、目が小さく感じられたり、左右の目の間が離れて見えたりすることがお悩みだった方にとって、ぴったりの施術方法と言えるでしょう。また、目頭切開をすることで、末広に広がる二重まぶたを、くっきりとした平行型の二重まぶたに整えることも可能です。平行型の二重まぶたは目を縦方向に大きく見せる効果がありますので、施術により目を縦・横の2方向に大きく見せられる点が魅力です。


また、目頭の開き加減や、ずらし加減をミリ単位で調整することができるため、希望に合わせて自然で印象的な目元を創りあげることも可能です。


|主な術式と特色について


主な術式と特色について


目頭切開の術式は大きく分けて3つあります。


1つめは「Z法」と言い、目頭をZの形に切開して皮膚を持ち上げながら縫合するもので、皮膚の切除は少なめです。切開する範囲を顔のバランスや希望に応じて決めていくことが可能で、自然な仕上がりが得られます。メスを入れる範囲が小さくて済むため、傷の回復が比較的早いのが特色です。


2つめは「W法」と言い、目頭をWの形に切開して、一部の蒙古ヒダを取り除き、残りの部分を縫合する術式です。蒙古ヒダを取り除いて目頭を広げることで、目元がよりはっきりとした印象になるのが特色です。並行型の二重にしたり、二重ラインを整える場合にも有効です。


3つめは「三日月法」と呼ばれる術式で、蒙古ヒダを三日月状に一本のラインで切開して内部を切除し、縫合するものです。比較的単純な術式のため、手術時間は短めで済むのが特色です。


目頭切開でどの術式を選ぶかについては、蒙古ヒダの張り具合や、本人の希望が考慮されます。見た目の印象を自然に仕上げたいときには、施術の際の負荷が軽めのZ法が向いています。切開する範囲を変えることで、涙丘をどのくらい見せるか細かく調整することができるのも魅力です。


ぱっちりとした目元を実現したいときには、蒙古ヒダを除去するW法を選択することが多くなります。どの程度除去するかを調整することで、目元の印象に変化をつけられます。
三日月法は手術の時間が短く、負担が少ないのが特色ですが、傷にかかる負荷を少なくするために、施術の範囲を小さくすることが多く、術後の変化も控えめになります。蒙古ヒダの張りが軽めの人に向いた術式です。


|術後のダウンタイムと過ごし方について


術後のダウンタイムと過ごし方について


施術後、3日間は傷口を濡らさないように生活する必要があります。洗髪や洗顔は可能ですが、なるべく傷口を濡らさないように行い、傷に水がかかったときには、すぐに拭き取っておきましょう。4日目以降は水がかかっても問題ありませんが、傷を擦らないように気を付けることが大切です。


縫合部分については、一週間程度で抜糸となりますが、抜糸をする前の期間はアイメイクができないため、注意が必要です。また、コンタクトレンズについても、感染のリスクを考慮すると抜糸までは使用しない方が安全です。
入浴も抜糸までの期間はシャワー程度にとどめておき、浴槽につかることは避けた方が無難です。湯船で身体全体を温めると血行がよくなるため、腫れが目立ったり、まれに傷口から出血したりすることもあるためです。


スポーツをする習慣がある方は、抜糸まで激しい運動は避けておきましょう。術後1~2週間ほどは傷跡の赤みや腫れがありますが、時間が経過するとともに目立たなくなっていきます。職場や学校などで周囲の人に気づかれないように施術をしたいときには、抜糸が完了するまでの一週間程度、休みを確保しておくと良いでしょう。


術後の痛みは強くなく数日で治まりますので、見た目が気にならなければ普段通り勤務したり、通学したりすることが可能です。抜糸の翌日からは、アイメイクにより傷が目立たないよう工夫できます。
傷や腫れが完全に分からなくなる期間は、個人差もありますが数ヶ月~半年程度見込んでおくと良いでしょう。


|目頭切開のメリットと施術前のポイント


目頭切開のメリットと施術前のポイント


目元は顔の印象を大きく変えるポイントになりますので、目頭切開は効果的な施術です。メスを入れる範囲を調整しやすいので、希望に応じた仕上がりが得られるのも魅力と言えるでしょう。
事前のカウンセリングでどのような目元にしたいのか、医師としっかり話し合うことで、納得できる施術が受けられます。


聖心美容クリニックの二重術・目頭切開・涙袋施術一覧へ