体験談

体験談

顔立ちについて専門的にアドバイスしていただけるのは、美容クリニックならでは

小顔に整形 30代 / 女性
施術内容
あごのプロテーゼ挿入
30代
 / 女性

ずっと丸顔がコンプレックスで、すっきりとした顔立ちに憧れていました。
実は以前、他院で頬とあご下の脂肪吸引を受けたこともあります。それほど小顔への思いがありました。
聖心美容クリニックへ相談に行くと、「アゴの形を調整することで、丸顔の印象がだいぶ変わると思いますよ」とのこと。アゴのプロテーゼ挿入をご提案くださいました。
ヒアルロン酸注入と迷いましたが、将来的なコストも含め、プロテーゼを入れる手術を受けることに。
手術を受けた後は、固定のテーピングが必要だったため、仕事中もマスクを着けたまま過ごしました。固定を外した後も、1週間ほどは浮腫みが続いたと思います。内出血も出ましたが、すぐ目立たなくなったのでお化粧でカバーしました。
ダウンタイム中は頬杖をつかないよう注意して過ごしました。大好きなラーメンや辛いものも食べられましたので、そこまで大きく生活が制約されるという印象はなかったです。

結果、手術を受けて本当によかったと感じています。先生がおっしゃった「アゴに少し高さを出すことで、かえって顔がシャープに小顔に見える」という言葉は本当でした。大きくなるのでは?という心配がありましたが、むしろすっきりしましたし、大人っぽくなったと思っています。
顔立ちについて専門的にドバイスしていただけるのは、美容クリニックならではですね。

こちらの患者様は丸顔なことに加え、二重アゴを気にされていました。
首からアゴまでの距離が短いため、どうしても二重あごになりやすいタイプのお顔立ちでした。
皆さん最初は意外に思われるようですが、こうしたお悩みの場合はアゴを整形することで、お顔の印象を変えることが可能です。言い換えると、丸いお顔にアゴを足すことで、逆三角形のラインを目指します。すると、大きく見えるどころか、頬からアゴにかけてすっきりシャープに見え、かえってお顔を小さく見せる効果があるのです。
鼻筋に高さを出すプチ整形同様、ヒアルロン酸注入で手軽に行うこともできますし、永久的な効果を望まれるなら、プロテーゼ挿入をお勧めします。
プロテーゼによる手術の場合はダウンタイムを要するため、ご不安もあるかと思います。
カウンセリングでは術後の経過についてもしっかりお話しさせていただきますね。

佐々木 直美 医師
東京・横浜・大宮院
佐々木 直美 医師